検索

die Tascheの名前について


die Tascheとはドイツ語で「鞄」という意味です。


dieは、英語のtheのようなもので、「ディー」と読みます。

Tascheは、タッシェと読みます。

屋号のdie Tascheは、ディーを省略して、タッシェと読みます。(ややこしくてすいません)


なぜ鞄という意味の言葉をドイツ語で使用しているのか。


実を言うと、私はドイツのミュンヘンにて修行を行いました。


ドイツ修行時代と題して書いてますので、よろしければご覧下さい。)



修行をつけてくれたのは、ミュンヘンにある革鞄のサンプルを作っている工房でした。

マイスターは縮れたロングヘアの大柄な男性で、初対面ではかなりの威圧感があるのですが、

挨拶の握手をする段には、親しみやすいおじさんだというのがすぐにわかりました。


それから三年間、マイスターの指導の元、鞄についての知識、技術はもちろん、

沢山の趣味を持った人でしたので、色んなことを教わりました。

簡単な木工や金属加工のこと、髭剃りのイロハ、刀剣について、その他もろもろ。


そんなドイツでの革鞄工房の日々により今がある、という思いから、

ドイツ語で鞄という意味の単語「die Tasche」を拝借しました。


19回の閲覧0件のコメント

関連記事

すべて表示

ドイツ修行時代

前回からの続き ドイツにはausbildungという制度があります。 マイスターと呼ばれる親方から直接に技術を習得し、 同時に職業専門校に通い、専門知識を得るというものです。 職場で得られる知識や技術の差を出来るだけ無くし、 全ての手工業者が同じ程度高い専門性を持てるように、という制度で、 職業により違いがありますが、3年以上の技術習得と就学を行い、試験に合格したときに、 「Geselle」と呼ば

出来る、やってみたいと思う。

革製品が好きでした。 初めて意識的に革製品を買ったのは、お金が無いのに、どうしても欲しくて、すこしづつ貯めた貯金で買った長財布でした。 レジや券売機など、財布を使う場面ではホクホクした気分で財布を使っていました。 家の中でも財布内の模様替えとでもいうように、カードの配置を変えたり、 革を折り曲げた時に現れる、光の反射具合を眺めたりなどして楽しんでいました。 とにかく、その時は革製品をたくさん自分の

©die Tasche