検索

商品価格の見直しについて


悩みに悩んで考えた結果、

レザークラフトを生業として生きていくため、

商品価格の見直しを行いました。


様々な葛藤、思い、ふがいなさなど、様々な思いが渦巻いていますが、

今の所上手く言葉にできないので、取り急ぎのご報告とさせていただきます。

今後も温かく見守っていただけますと幸いです。

よろしくお願いいたします。

2回の閲覧

関連記事

すべて表示

ドイツ修行時代

前回からの続き ドイツにはausbildungという制度があります。 マイスターと呼ばれる親方から直接に技術を習得し、 同時に職業専門校に通い、専門知識を得るというものです。 職場で得られる知識や技術の差を出来るだけ無くし、 全ての手工業者が同じ程度高い専門性を持てるように、という制度で、 職業により違いがありますが、3年以上の技術習得と就学を行い、試験に合格したときに、 「Geselle」と呼ば

出来る、やってみたいと思う。

革製品が好きでした。 初めて意識的に革製品を買ったのは、お金が無いのに、どうしても欲しくて、すこしづつ貯めた貯金で買った長財布でした。 レジや券売機など、財布を使う場面ではホクホクした気分で財布を使っていました。 家の中でも財布内の模様替えとでもいうように、カードの配置を変えたり、 革を折り曲げた時に現れる、光の反射具合を眺めたりなどして楽しんでいました。 とにかく、その時は革製品をたくさん自分の

©die Tasche