検索

サンデービルヂングマーケットありがとうございました!

岐阜県で開催されているサンデービルジングマーケットに出展させていただきました。

ご購入して下さった皆様、die Tascheのブースに立ち寄ってくださった皆様、企画の皆様、スタッフの皆様、出展されていた皆様、ありがとうございました!

久しぶりのイベント出展はとても楽しかったです!

いろんな方たちとお話しでき、刺激的で最高でした。

以前同じイベントで出展されていた方たちとも再開できましたし、

これもまたイベント出展の醍醐味やなぁ~、と嬉しい気持ちでした。

やっぱりイベントってめちゃくちゃ幸せな時間ですね。


商店街のアーケード街は、屋根はあれども寒かったです、が、その寒ささえもハッピーな気持ちで過ごせるのがイベントのパワーですね、最高。

商店街はなんかいい感じに昭和で、最近の窮屈な世間には無いおおらかさに微笑む僕でした。


日曜日の商店街の昼間にあんな大々的なイベントが月一で開催されてるということがすごいなー、と圧倒されました。


僕が今住んでいる埼玉県北本市でも、そういうエネルギーに満ちた人達が面白いことをやっているということもあり、ますます地方はおもしろくなってきたなぁ。


ということで2020年のイベント出店は終わりましたが、来年も、すぐに動きます。

よろしくお願いします。

4回の閲覧0件のコメント

関連記事

すべて表示

埼玉県北本市のふるさと納税返礼品に選んでいただきました。

この度、埼玉県北本市のふるさと納税返礼品に、 die Tascheの製品を選んでいただけることとなりました。 携わっておられる皆様、誠にありがとうございます。 さて、僕が今住んでいる埼玉県北本市は、 知らない人からすればかなりマイナーなところなんじゃないでしょうか。 東京に勤める人のベッドタウン、そんな感じなイメージですか? ところが住んでみると、その懐の広さに驚きます。 自転車で10分ほど走ると

die Tascheの名前について

die Tascheとはドイツ語で「鞄」という意味です。 dieは、英語のtheのようなもので、「ディー」と読みます。 Tascheは、タッシェと読みます。 屋号のdie Tascheは、ディーを省略して、タッシェと読みます。(ややこしくてすいません) なぜ鞄という意味の言葉をドイツ語で使用しているのか。 実を言うと、私はドイツのミュンヘンにて修行を行いました。 (ドイツ修行時代と題して書いてます

©die Tasche